全国の建設現場の環境を、より快適に

オーダ工業は、いつもにより快適で使いやすい屋外トイレを追求してきました。
国土交通省が定めた快適トイレへの基準を満たした商品をご紹介します。

快適トイレの標準仕様

1. 快適トイレに求める標準仕様
 1. 洋式便座
 2. 水洗機能(簡易水洗)
 3. フラッパー機能
 4. 二重ロック
 5. 照明設備
 6. フック(耐荷重5kg)

2. 快適トイレとして活用するために備える付属品
 7. 男女別の明確な表示
 8. 入口の目隠し
 9. サニタリーボックス
10. 鏡付き洗面台
11. 便座除菌シート

3. 推奨する仕様、付属品
12. 室内寸法 900 × 900mm 以上
13. 擬音装置
14. フィッティングボード
15. フラッパー機能の多重化
16. 窓などの室内温度調整設備
17. 小物置き場

※詳しい仕様項目はページ下部の国土交通省報道資料をご覧ください。

快適トイレ認定マークについて

快適トイレ★ (星1つ)
国土交通省が定める快適トイレの標準仕様の1から7をすべて標準で搭載していることが条件になります。8から11は別途オプション対応でも可能です。8と10は現場で対応しても構いません。
快適トイレ★★(星2つ)

上記の星1つの条件に加えて、12から17のうち、12を含む3つ以上の仕様を標準で搭載していることが条件になります。

快適トイレは現場導入にあたって、国土交通省が定める「1. 快適トイレに求める標準仕様」および「2. 快適トイレとして活用するために備える付属品」の装備を必須条件としています。したがって認定マークを取得したトイレであっても現場に導入するにあたり8から11の仕様を搭載する必要があります。

参考ページ:建設現場に設置する「快適トイレ」の標準仕様決定

快適トイレ 認定証

弊社のブーストイレEが、特定非営利活動法人「日本トイレ研究所」が実施する「快適トイレ認定」において、国土交通省が定める快適トイレの標準仕様に則った仮設トイレであることを認められました。

機種名:ブーストイレE
認定番号:038-01
認定日:2019年2月28日

ブーストイレE

標準仕様には洋風便器、手洗器、化粧鏡、紙巻器、荷物棚、給気ガラリ、採光窓、照明器具が含まれます。限られたスペースを無駄なく使えるように、周辺器具を機能的に配置しました。

大きめの化粧鏡はお化粧直しや身だしなみのチェックに最適です。
アルミチェッカープレートの床は高級感もあり汚れに強く、衛生的です。
完成品をトラックに積んで納品するので設置はあっという間に完了します。

ブーストイレE の材料・仕様

材料・品名 仕様
床フレーム 折曲鋼 t=1.6㎜ 焼付塗装
折曲鋼 1.6t 焼付塗装
天井枠 折曲鋼 t=1.2㎜ 焼付塗装
屋根 折曲鋼 t=1.0㎜ 焼付塗装
扉枠 アルミ形材 W600×H1850
明窓 FRP樹脂 350×300
換気 ガラリ(網入) ベンチレーター
壁・天井 断熱パネル 40t
床下地 耐水合板 t=12㎜
床仕上げ アルミチェッカープレート t=2.5㎜
便器 洋風大便器 密結式タンク
手洗棚 壁掛手洗器 単水栓 棚 150×350
ショートミラー
照明 ウォールライト
センサーライト
ペーパーホルダー 受W、受棚付
その他 男女識別用ステッカー

別途工事:基礎工事、電気工事、給排水工事
オプション:洗浄便座

快適トイレの施工事例